審査委員のご紹介

2017-09-08

審査委員のご紹介

審査委員長 豊永 真誠 様
 
昨年度まで審査委員長を務められた桝(ます)郷(ごう)三好(みよし)さんから審査委員長を引継ぎ重責を務めることになりました。よろしくお願いします。
年々進化している御食国若狭おばまYOSAKOI祭は、踊り子の笑顔と輝きで観客は感動をいただいています。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。皆様の素晴らしい演舞を期待しています
 
 

 
伊藤 良樹 様
 
三重県でチーム指導や祭りの運営等に取り組んでいます。今回ご縁があり審査員という大役を頂戴しました。
普段は審査される立場に立つことが多いので、この日に向けて、一生懸命に練習や準備を重ねられて来た皆様の気持ちが少しは分かるつもりです。精一杯審査させていただきます。
 

 
黒川 弘章 様
 
踊の祭典。大阪メチャハピー祭の実行委員長を務めております。この祭りは、踊りを通じた青少年健全育成を目的としたNPOで、今年で18年目を迎えます10月9日の「本祭」には大阪城ホールをメイン会場として、約2,800名の踊り子が参加します。祭りの開催だけでなく、学校への出張授業にも力を入れ、これまでに2万5千人超の子どもたちに、踊りの指導に伺っています
 

 
中川 聖子 様
 
鳥取県内でよさこい踊り、すずっこ踊りなど活動しているチーム満天星(どうだんつつじ)代表の中川です。チーム結成17年を迎え、日々メンバーとともに演舞させていただいております。
鳥取といえば、しゃんしゃん祭という傘踊りですが、4000本の傘が一斉に舞うお祭りです。8月13日、14日はぜひ鳥取のお祭りを見に来てください。
 

 
大塚 由紀子 様
 
兵庫県明石市の明石子午線どんとこいまつりから参りましたコニーです。
明石市は東経135度子午線が通る町のひとつで、日本標準時刻となることから「時のまち」「子午線のまち」と呼ばれています。
その呼び名にちなんで来月10月8日に明石城跡地の明石公園にて「明石子午線どんとこいまつり」が開催されます。
また11月25、26日には同場所にて「B-1グランプリ西日本大会2017」も開催されます。
アクセスも大変便利なのでぜひお越しいただき、名物の「明石たまご焼き」を召し上がってください。
 

 
澤谷 欣弘 様
 
小浜市食文化館館長の澤谷です。毎年ここ川崎地区で多くの踊り子、来場者をお迎えし、よさこい祭りを開催していただくことに大変感謝しております。ここ食文化館があります川崎地区海の駅エリアがよさこい祭りの聖地となることを願っております。
さて、来る10月21日(土)、22日(日)にはこの場所で「鯖のまちフェスタ」が開催されます。美味しい鯖を食べにぜひ皆さんいらしてください。

 
 
 

 
 

Copyright© 2012-‘2017’ 御食国若狭おばまYOSAKOI祭 All Rights Reserved.